Egor Shipとのフィーチャリング曲”ピカチュウ”と”ナルト”がバズったロシアンラッパー MIA BOYKA

Egor Shipとのフィーチャリング曲”ピカチュウ”と”ナルト”がバズったロシアンラッパー MIA BOYKA

今回はロシアからです〜

青髪がトレードマークのフィメールラッパーのMIA BOYKAの紹介です〜
ちなみに、MIA BOYKAはロシア語表記で”Миа Бойка”
読み方はそのまま、「ミア・ボイカ」です!

1997年生まれの24歳のラッパーで、
ジャンル的には最近、ロシアで流行っている四つ打ちのヒップホップが中心です〜〜

Advertisement

MIA BOYKA & ЕГОР ШИП/ПИКАЧУ

19歳のラッパーEgor Ship(ЕГОР ШИП)とのフィーチャリング楽曲の”ПИКАЧУ”です!

この”ПИКАЧУ”はポケモンのピカチュウのことで
Youtubeで1.5億回再生されてバズってます。笑

しかもこのMVの撮影にかかった費用はたったの5万ルーブル(7万円くらい)だとか。
7万円で1.5億回再生されている恐ろしいコスパの良さ笑

MIA BOYKA & ЕГОР ШИП/НАРУТО

2020 年に流行ったピカチュウに続き、2021年にリリースしたのは
完全に同じ路線で今度は”ナルト”

MVにはナルトに出てくる悪の集団の”暁”のコスプレだったり
ゲームセンターとか日本の要素もモリモリです。
曲自体は、全然日本ぽくないのに笑

T-killah & Миа Бойка/Мама не в курсе 

同じくロシアのラッパーT-killahとのフィーチャリング楽曲です。
ロシアで流行ってるお洒落な四つ打ちヒップホップって感じで心地良くのれる〜

実はフィーチャリングしているT-killahは、Mia Boykaを発掘した人で
Mia Boykaのプロデューサーも努めています。
T-killahについては前にブログを書いたので、チェックしてみてね↓

MIA BOYKA/ЭМЭМДЭНС

次は明るくて楽しい雰囲気の一曲。
この曲も四つ打ちのが基本ですが、トラップっぽく変わるパートもあって
曲の展開の多いK-popぽさがあるかも。

“ピカチュウ”もそうだけど、トラックにアコーディオンみたいな生音が使われてて、密かにロシアの雰囲気を出してます。笑

ちなみに、ロシアではアコーディオンが持ち込まれた時
あまりにもアコーディオンの音色が良すぎて、それまでの伝統楽器の半分が使われなくなったらしいです笑

Миа Бойка/Дикая Ламба

最後は、めっちゃかっこいい曲。
特にMVがカッコ良くて、全部タイで撮影されてます。
タイにある中華街とか出てきてます

ロシアの中で、漢字とかアジアのカルチャーかっこいいみたいなムーブメントもけっこうあるっていうのがわかる〜

おわり〜〜